審査では「事業経験の有無」もポイント

審査では「事業経験の有無」もポイント

審査では「事業経験の有無」もポイント 金融機関や信用金庫などから開業資金の融資を受けるときの審査では、過去に何らかの事業を立ち上げたことがあるかどうかや、申込者に開業しようとしている事業に関連する業務に従事したことがあるかどうかを必ずチェックされます。もし、経験があれば事業の運営や従事する業界に関してある程度ノウハウがあるとみなされ、融資審査においてもいくらかプラスに働くでしょう。
しかし、全く経験がないからといって開業資金を貸してもらえないわけではありません。ズブの素人であっても、自己資金が豊富にある場合や、従事する業界の方面に豊富な人脈がある場合、事業計画や資金の調達・返済の予定がかなり練られている場合は、状況次第で資金の借り入れが認められます。また、資料や説明の内容に多少足りない面があっても、金融機関の担当者が申込者から事業に対する大変な熱意を感じとることができれば、借り入れを認めてくれる場合があります。実際にまったくの素人の段階から事業をスタートして、成功をおさめた者は数多くいるので、彼らの成功事例を参考に準備をすすめていくと良いでしょう。

開業資金の融資審査は業種によってその基準が異なる

開業資金の融資審査は業種によってその基準が異なる 開業資金の融資は自己資金の2倍程度が基準となっていますが、業種によってその基準が異なることを理解している人は意外と少ないものです。しかし実際には、同じ金額を申請しても、審査の結果が異なるため注意が必要です。
これはそれぞれキャッシュフローが違うため、売り上げが成立した後の現金の入金タイミングが異なってしまうためです。例えば商品を売買するような場合にはすぐに現金が手に入るため、スムーズに資金を回収することができますが、工事や施工が発生する業務の場合には検収後売買契約に基づき数ヶ月の入金までのタイムラグが発生することもあるからなのです。そのため、その間の支払いなどに資金が持ちこたえられるかと言う問題が発生します。申請をする際の金額は一般的には自己資金の2倍程度と言われていますが、その業務の内容によって違うので、開業資金の申請は自分が行いたい業務の内容に応じた金額で行うことが重要なポイントとなっています。

新着情報

◎2020/12/9

融資の審査の注意点
の情報を更新しました。

◎2020/10/23

地元の金融機関から受ける場合
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

融資のメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

審査で重要な事業経験の有無
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

「汚してある通帳」の効力
の情報を更新しました。

◎2020/1/31

サイト公開しました

「開業 経験」
に関連するツイート
Twitter